• Hironori Kogure

ゴルフレッスンの注意点


上達を願うゴルファーにとって

レッスンを受けると、直ぐに効果が出せるとの想いが強く働くのが自然です。

しかし、その想いが強すぎると、

結果を出したい→もとのスイングの方が打ちやい→習う前のスイングで戦う

と言う内容から抜け出せない、変容できないゴルファーが沢山います。

・元には、もどれない

・調整完了するまでの結果を捨てる覚悟が必要

この2つに集約されます。

例えば、シャフトクスを修正した場合

上げ方に違和感が出る、タイミングがずれることがあるでしょう。

新しい形が馴染むまでは、結果が出にくい時期を耐える必要があります。

レッスンとレッスンの合間に、プラインベートラウンドで、

ライバルたちと勝ち負けのゲームを行う場合も、

結果にこだわりすぎて、

一番馴染んだスイングを行なってしまう傾向となります。

ここで重要なのは、

どのくらいの期間、費やせるか?

確実に良くなっている実感が持てるか?

この2点が重要だと、私は思います。

最高のレッスンとは、

当然のことですが、

コーチの言いなりになる形ではなく、


・上手くなりたい

・飛距離を伸ばしたい

・結果を出したい

・変容したい


プレーヤーの意識を尊重した形である。

今、70台後半から、70台前半に突入しているジュニアが沢山います。

何れ、60台へ突入することも視野にいれて、次の課題に向かって頑張っています。

・沢山打っても、自分を責めない

・常に、先を見て進む

本日も皆さんの上達を応援しています。





最新記事

すべて表示