• Hironori Kogure

ショットでフック、パットでプッシュの原因

ショットが安定しない!パットが決まらない。



このような悩みを抱えているゴルファーは沢山いると思います。


良く言われているのが、

ショットは良いけど、パッティングが入らないとの


「噛み合わない」という言葉ですが、



本当は、ショットも左へ、パッティングは右へ外すことが多く、ラウンドの中に見ることができます。


原因は一体?


たとえば、アドレスで左肩が右肩よりも前にでる、


クローズスタンスを取る


パッティングでもフェースが右を向く傾向が見えます。


「え、パッティングは大丈夫👌」


という場合は、クランクネックなど、捕まりの良いパターを使用して補うこともできます。


ティーショットはティーアップして打てるので、右へ打ち出して戻すことができますが、


アイアンショットでは、アドレスで右を向くと、ダウンブローに打つことが難しくなります。 本来ダウンブローは左へ振り抜くので、



右を向いて構える傾向の方は、右にでる腕を左へ引くので、フォローで左肘が低くなります。


体力や身長、体重、腕の長さがある場合は、


このような打ち方でもOKですが、


やはり、最大効率でもっと上を目指すには、取り組んで行く必要があります。


いま、クラブ選手権、理事長杯、シニア選手権、シングルハンデ入り、学生タイトル、最短上達、悩む克服を目指して沢山のゴルファーの方がレッスンを受講されています。


もし、ご興味のある方は、動画をお送りください。


ここで、1つ。 大事な試合が近いと、 直すと当たらなくなるからとの考えがございます。 これは、正解で

修正しないほうが、今までの感覚でスイングできるので、良いゲームができると思います。 しかし、その先に行くには。 本日もみなさんの上達を応援しています。




  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube
  • アマゾン
1minutesGOLF.png

© 2020 by 小暮博則 ゴルフ総合病院