• Hironori Kogure

ジャックバーニー、カレドニアン予選!

ジュニアゴルファーにとって、今年は試合が限定され、

強い選手が、たくさん試合にでるようになっています。


これは、何故かといいますと、ナショナルチームの選手、マンデーや世界大会のへの

出場ができなくなっている為、身近な試合にエントリーを行う。


その結果、予選カットレベルが上がることが

現実的におこっています。


でも、これって有難いことだと、

私は思います。


真剣にファイトするジュニアでないと、

淘汰されてしまうし、

これがさらにレベルアップを進めるからです。


「トップ選手は5アンダー、自分は?」

このような問いかけが、実は大切で


これが更なる試練となって、乗り越えて、力が付きます。


上手い選手は、みんな死ぬほど努力している。

才能があるのに、努力するから、

これに追いつき、抜かすには

血の涙を流さないと😊


たとえば、小学6年生でアンダーパーがだせるジュニアは、

中学生になり、スランプを乗り越えて

さらに上達していきます。


中学生になって、さらに広がることに。


「自分は頑張っているのに、何故?」

という甘い考えは、アスリートは持ってはいけません。


自分以上に凄い練習を課しているジュニアが全国には沢山いて

これに勝るには、相当覚悟を決めて行わなけばならない。


雨の中、トレーニングではしるジュニアの姿があり、

継続することで試合で結果が出せると伝えていました。

ジャックバーニ予選は通過点、決勝で1つでも上位に食い込むように

一緒に頑張っていきましょう。

10月のマンデーも、行けたらよいですね!






4回の閲覧
  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube
  • アマゾン
1minutesGOLF.png

© 2020 by 小暮博則 ゴルフ総合病院