• Hironori Kogure

ジュニアゴルフで結果を出す。そのポイントは?

小学5年で関東優勝、 小学6年で全国優勝。 このような素晴らしいジュニアも、小学生低学年よりジュニアレッスン会に参加されていました。

結果が出るジュニアと、結果が出ないジュニアと一体何処が違うのか?

これを実際のラウンドを通じて検証してみることに。

皆さんの参考にしていただけばと思います。

コースは富士桜CCです。

11.5フィートのグリーンスピードです。

使用ティーは、フルバックとバックティー使用です。

・飛距離が出せる(230ヤード以上、中学1年女子)

・アイアンがピンに向かう(ショットでバーディーが取れる)

・パッティングが決まる

・練習が好き

・体力がある

・明るい笑顔

・観察力がある

・集中して物事に取り組む

・勉強が好き

1日ジュニアレッスンにて、パッティング、バンカーショット、スイングチェックを行いながら、ゲームメーキングのレベルもチェックし、

基本ドローで攻める、左が危険なホールも、ストレートボールが打てる、

インパクトのスイングプレーンは、アドレス時のシャフトプレーンに乗ることなど。

ボールがピンをさす、

パッティングがラインに乗る、

肩や腰が強く、飛距離が出せる等、

優勝できる要素を見ることができました。

振り返って

小学生低学年のころより、

1番関心したのは、笑顔が素敵なことでした。

もちろん、何年も何年も継続した練習ができるのは、親権者と周囲の皆様のサポートがしっかりしていることもあります。

ジュニアが一人でゴルフを行うのは難しいですから。

笑顔がでる理由は、

ゴルフへの想いが強いからだと、私は想います。 強靭な肩も、

ラインに乗るパッティングも、

継続的な練習も、

ゴルフへの想いが、自分を変えて行く原動力となっていると思います。

皆さんのジュニアも可能です!

飛び抜けた才能を発揮するには、「笑顔の力を最大化」してみてください。

親権者は、ジュニアを叱るのではなく、

笑わせるくらいのイメージで。









  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube
  • アマゾン
1minutesGOLF.png

© 2020 by 小暮博則 ゴルフ総合病院