• Hironori Kogure

初心者パッティングの上達手引き

ゴルファーのみなさん

こんにちは 

 

ゴルフのキャリアが上がると 

初心者のゴルフデビューに付き合うことが多くなると思います 

 

特に、パッティングの上達方法を教えることができると 

プレースピードも向上できて、喜ばれることに  

今回はトラックマン(弾道計測機)の大切にしているコンセプトをお伝えすることで、 

初心者ゴルファーのパッティングスキルを改善したいと思います 

<パッティングの初心者>

①テンポが一定になるパター選び

同じ距離、10メーターを打つことで安定した転がりを得ることができる 

 

プロは、14フィートのグリーン上で、 

1.9〜2.1のリズム 

 

テークバックで、1、2

フォローで、3


 

②プッシュが多い場合は、グースネック形状  ひっかけが多い場合は、ストレートネック形状


リズムよくストロークでき、距離感が合うパターを選ぶことです 

ストレートにストロークする場合は、フェースバランスが良く、 

インサイドインのストロークには、トウヒールのパターが向いています 


また、速くストロークする方は、軽めのパター 

ゆっくりストロークする方は、重めのパターとなります。


<パッティング中級者>

③ボールの転がり、質を向上させる 

ロールパーセント率、スピードドロップ率を見ていきます 

 

毎回同じバンド回数ならOKで、 

アッパーブローならバンド数が多くなります 

死に球を打つならバンド数が0に近くなります  


<パッティング上級者>

④フェースアングルを保つ  

⑤ディスタンスをチェックする

 

6mの距離を打つ、距離の誤差を±5%

30センチ以内にする 





 




1回の閲覧0件のコメント