• Hironori Kogure

6月19日発売号月刊紙ワッグル

月刊紙ワッグルにて、世界トップ選手のスイング解説をおこなっています。

今回のポイントは「シャローイング」についてです。

大切なのは、ハンドパスと連動して、シャローイングの量が決まる

という事実があること。たとえば、アダムスコット、マキロイ、ケプカと

3選手ともにシャローイングを行っていますが、マキロイより、ケプカの方が

多く行なっています。そのポイントが何処にあるかを紙面にて展開しています。

なお、シャローイングに効果はドライバーでインサイドからダウンスイングを行いやすい

メリットがあります。

スライスして飛距離の落ち込みが激しい方は、直ぐに実践されると良いでしょう。



4回の閲覧
  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube
  • アマゾン
1minutesGOLF.png

© 2020 by 小暮博則 ゴルフ総合病院