• Hironori Kogure

9月19日発売月刊ゴルフダイジェスト掲載

最終更新: 9月2日

グラファイトデザイン、スピーダー、ディマナ等、沢山のシャフトを打ちました。

ミケルソン、シュアーチェルが使用しているシャフト、多分日本で初打ちかも!

バシバシと😊

今回の感想は…

低スピンのドライバーヘッドは、高い打ち出し角度をシャフトに求め、

先端硬度があるシャフトが最近の傾向です。

ボディーターンとアームスイングでは、選ぶシャフトが違いがあり

入射角度を浅くすることが求められています。

もし、新しいクラブを購入しても、飛ばないとしたら

シャフトを見直すか?

スイングを変えるか?

クラブロフトをあげるか?


重要なことは、

シャローイングができないと、

低スピンのドライバーは打てないことです

それには、グリップを変える、スイングを変えると。


身長が170センチ以下の場合

フラットにスイングするタイプは

もともとクラブがフラットになるので、新しいクラブでも打てる傾向にあります。


身長が175センチ以上で、クラブを高く挙げる場合は、

シャローインングをマスターする必要があります。


これと最適シャフトのマッチングで、ドンドン飛距離を伸ばしていきましょう!




2回の閲覧
  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • YouTube
  • アマゾン
1minutesGOLF.png

© 2020 by 小暮博則 ゴルフ総合病院